疾走感

私は疾走感を大事にします。
そうすればどこまでも進めるからです。
秒読みが始まりつつ、進行状況をお知らせしますね。

コメントは受け付けていません。